Chops店舗からのお知らせ

インポートホンダDIO110がFI&ESPエンジンになって新登場!

2020年9月26日 Facebookでシェア

最近何かと用事が多くアタフタしながら休日を満喫?しているWEBショップの畑です。

ついにインポートホンダのDIO110もFI&ESPエンジンになって発売しました!

そんなわけで日本モデルとの比較もしてみようかと思います。

車体サイズ(全長/全幅/全高)

日本モデル   1,870(mm) × 690(mm) × 1,085(mm)

インポートモデル   1,808(mm) × 723(mm) × 1,150(mm)

日本モデルの方が少しスマートですね。

シート高

日本モデル  750mm

インポートモデル  650mm

足つきは断然インポートモデルが良いですね。

タンク容量

日本モデル  5.2L

インポートモデル  5.3L

ほぼ変わらないですが普段使いには十分ですね!

重量

日本モデル  100㎏

インポートモデル  105kg

こちらもほぼ変わらないですが、原付二種では平均的ですね。

タイヤサイズ

日本モデル
F 80 / 90 – 14
R 80 / 90 – 14

インポートモデル
F 90 / 90 – 12
R 90 / 100 – 10

タイヤはお国柄があるのでしょうか。日本モデルは14インチと大きめですが、インポートモデルはフロント12インチ、リア10インチになっています。

馬力

日本モデル  6.6kW ( 9.0PS ) / 7,500 rpm

インポートモデル  5.7kW ( 7.8PS ) / 8,000 rpm

馬力があるのは日本モデルですが、一般道ではインポートモデルの馬力で十分(^^♪

メーター

左 国内モデル            右 インポートモデル

見ての通りインポートモデルはフルデジタルメーターとかなり見やすそうですね!

その他インポートモデルの装備

LEDヘッドライトと日本モデルより大きいシートやキーシリンダー周りですべてのキー操作ができます。

日本モデルはメーカー希望小売価格(消費税込み)235,400円とやっぱり20万円超えますね・・・
しかしインポートモデルはここまでの装備やスペックで乗り出し価格17.5万円と20万円を切る値段になっています!

もちろん車体や純正部品はChopsWEBショップで販売中!

車体→http://shop.motochops.com/shopbrand/bike-dio110/

パーツ→http://shop.motochops.com/shopbrand/parts-dio110/